ローディングアニメーション
Trailer
予告映像
イントロダクション
Introduction
イントロダクション
第31回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門上映 第66回サンセバスチャン国際映画祭コンペティション部門脚本賞受賞
第31回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門上映 第66回サンセバスチャン国際映画祭コンペティション部門脚本賞受賞
すぐれた短編小説のように 心にやさしいかすり傷を残す フランス流大人のラブストーリー
すぐれた短編小説のように 心にやさしいかすり傷を残す フランス流大人のラブストーリー
『パリの恋人たち』場面写真
監督・主演は、フランスの名匠フィリップ・ガレルの息子で、俳優としてセザール賞に4度ノミネート、1度受賞したルイ・ガレル。ベルナルド・ベルトルッチ、ジェーン・バーキン、クリストフ・オノレやジャック・ドワイヨンら世界のカルチャーを担うアーティストたちに愛されてきた、名実ともにフランス映画界きってのサラブレッドだ。二人の女性からのどんな理不尽な要求も受け入れてしまうアベルを、「何度も生まれ変わる“いたいけな人”をイメージしました。降りかかる災難をすべて楽しんでしまう人」と解釈したと語り、全女性をくすっと笑わせ、心を和ませてくれる、愛されキャラの主人公に作り上げた。
マリアンヌには、実生活でもルイ・ガレルのパートナーであるレティシア・カスタ。ヴィクトリアズ・シークレットをはじめ100以上の雑誌のカヴァーを飾り、ラルフ・ローレンやイヴ・サンローランなどハイブランドのモデルとして絶大な人気を誇り、その時代を象徴する美女を選んで作られ、フランス全土の市庁舎に設置されるマリアンヌ像のモデルにもなった女優だ。
また、妖艶な大人の魅惑を放つマリアンヌに対し、天使と小悪魔の両極端の魅力でアベルを翻弄するエヴには、今や世界の若者たちのカルチャーアイコンとなったリリー=ローズ・デップ。いわずと知れたジョニー・デップとヴァネッサ・パラディの愛娘で、シャネルのモデルとしても活躍中。本作では初恋のときめきとあやうさを鮮烈に演じ切った。最新モードとトラッドを絶妙に織り交ぜた、エレガントなパリジェンヌファッションも見逃せない。
パリの街角で迷子になった、女と男の素直に表せない想いの行く先は──? 数えきれないほどの恋愛映画を観てきたあなたにこそ贈りたい、花束のように美しくも愛おしいサプライズの詰まった大人のラブストーリー。
『パリの恋人たち』場面写真
 
ストーリー
Story
ストーリー
女と男と女の絡み合った糸の結末は?
女と男と女の絡み合った糸の結末は?
ジャーナリストのアベル(ルイ・ガレル)は、3年近く同居している恋人のマリアンヌ(レティシア・カスタ)から、「妊娠したの」と告げられ喜ぶが、「あなたじゃない」のまさかの一言で別れることになる。よりによって相手はアベルの友達のポールで、彼の家族にも祝福され、二人は結婚するという。
数年後、ポールの訃報が届く。彼の告別式で再会したマリアンヌの傍らには、息子のジョゼフがいた。悲しみに沈むマリアンヌの姿を見て、アベルは彼女への想いが消えていないことに気づくのだった。そんなアベルを食い入るように見つめているのは、ポールの妹のエヴ(リリー=ローズ・デップ)だ。少女の頃からアベルに夢中なイヴも、すっかり成長していた。
2週間後、マリアンヌからの電話を受け取り、食事に出かけたアベルは、「もう一度、一緒に暮らすのはどう?」という提案を、まだ早すぎると飲み込み、外務省の広報アドバイザーをしているというマリアンヌの話に聞き入る。帰り道でマリアンヌのアパルトマンに立ち寄ると、ジョゼフがアベルに「ママがパパを殺した」と耳打ちする。毒殺したけれど、ママが医師と浮気して、もみ消したというのだ。
子供の気まぐれな嘘だと信じようとしたが、疑惑の念は消しきれず、医師を訪ねるアベル。友人のポールが、なぜ死んだかと気になってというアベルの質問に、「睡眠中の心臓マヒです」と答える医師は、かなり胡散臭い男で、何かを隠しているようにも見えた。
ある夜、マリアンヌとジョゼフと3人で映画を観た帰り、アベルはマリアンヌのアパルトマンに泊まり、そのまま同居することになる。だが、母親を取られたと思ったジョゼフは反抗的で、アベルも一度は捨てられたわだかまりが消えたわけではなく、3人の間には微妙な緊張感が漂っていた。そんな中、マリアンヌがなぜポールを選んだか、耳を疑う理由を打ち明ける。

互いの本心を探り合うアベルとマリアンヌに、いきなり嵐が降りかかる。エヴがマリアンヌには「アベルが欲しい。愛してないでしょ?」と詰め寄り、アベルにも「私にはあなた以外の男は存在しない」と告白したのだ。もし断ったら、「戦争よ」とエヴに宣言されたマリアンヌは、アベルに驚くべき“提案”をするのだが──。
『パリの恋人たち』場面写真
キャスト&スタッフ
Cast & Staff
キャスト&スタッフ
レティシア・カスタ
レティシア・カスタ
レティシア・カスタ
マリアンヌ
1978年5月11日、フランス、ポン=オードゥメール生まれ。国際的なモデルとしてキャリアをスタートさせ、世界のモード誌100以上でカヴァーを飾ると共に、一流ファッションブランドの広告キャンペーンで活躍する。イヴ・サン=ローランやジャン=ポール・ゴルチエのミューズだったことでも知られる。
1999年から女優として活動し、『ジターノ』(00)、パトリス・ルコント監督の『歓楽通り』(02)、『この胸のときめきを』(02)、TV映画「サンフェリーチェ/運命の愛」(04)、『ヴィザージュ』(09・未)などに出演する。
2010年、天才アーティスト、セルジュ・ゲンスブールの伝記映画『ゲンスブールと女たち』に女優ブリジット・バルドー役で出演して絶賛され、セザール賞助演女優賞にノミネートされる。
その後も、リチャード・ギア共演のアメリカ映画『キング・オブ・マンハッタン危険な賭け』(12)、『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』(19)などに出演。2016年には監督業にも進出し、短編映画『En moi』をカンヌ国際映画祭で発表する。
また、2012年には芸術文化勲章シュヴァリエを受章し、2018年にはブシュロン160周年のアンバサダーに就任。フランスの美を象徴する存在である。
リリー=ローズ・デップ
リリー=ローズ・デップ
リリー=ローズ・デップ
エヴ
1999年5月27日、フランス、パリ生まれ。母は女優で歌手のヴァネッサ・パラディ、父は俳優のジョニー・デップ。幼少の頃から華やかかつ個性的な存在感で注目される。
2014年、ケヴィン・スミス監督の『Mr.タスク』へのカメオ出演で、演技のキャリアをスタートする。続いて、伝説のダンサー、イサドラ・ダンカンに扮した『ザ・ダンサー』(16)でセザール賞有望若手女優賞にノミネートされ、『プラネタリウム』(16)ではナタリー・ポートマン、ルイ・ガレルと共演する。さらに、『Mr.タスク』のスピンオフ作品『コンビニ・ウォーズ バイトJK VS ミニナチ軍団』(16)では主演を務める。その後、Netflix配信の『キング』(19・未)でロバート・パティンソン、ティモシー・シャラメと共演。
新作に、アーミー・ハマー、ゲイリー・オールドマン共演の『Dreamland』(20・原題)、コリン・ファレル共演、ニール・バーガー監督の『Voyagers』(原題)などがある。
シャネルのアンバサダーとして、フレグランス「N°5ロー」とアイウェア「パール コレクション」の2つのキャンペーンの顔を務める。
本作で、セザール賞有望若手女優賞にノミネートされる。今や、最も話題を集めるセレブリティとなる。
ルイ・ガレル
ルイ・ガレル
ルイ・ガレル
監督・アベル
1983年6月14日、フランス、パリ生まれ。父は映画監督のフィリップ・ガレル、母は女優のブリジット・シィという映画一家に生まれる。幼少期より父親の監督作品に子役として出演し、フランス国立高等演劇学校で演技を学ぶ。
2001年、ロドルフ・マルコーニ監督、ジェーン・バーキン共演の『これが私の肉体』(未)で本格的な俳優デビューを果たす。2003年には、名匠ベルナルド・ベルトルッチ監督の『ドリーマーズ』に出演してその演技力を高く評価され、フランスの若手有望俳優として広く知られる。
クリストフ・オノレ監督作品でもその名を上げ、『ジョルジュ・バタイユ ママン』(04)、『パリの中で』(06)、『美しいひと』(08・未)、『愛のあしあと』(11)などに出演する。
また、父の監督作品でも、『恋人たちの失われた革命』(05)でセザール賞有望若手男優賞を受賞し、続けて『愛の残像』(08)、『灼熱の肌』(11)、『ジェラシー』(13)、『パリ、恋人たちの影』(15)に出演する。  その他の主な出演作は、『女優』(07・未)、グザヴィエ・ドラン監督の『胸騒ぎの恋人』(10・未)、『イタリアのある城で』(13・未)、『サンローラン』(14)、『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』(15)、リリー=ローズ・デップ共演の『プラネタリウム』(16)、『愛を綴る女』(16)、巨匠ジャン=リュック・ゴダールに扮した『グッバイ・ゴダール!』(17)など。  監督としては、2008年に短編『Mes copains』(原題)でデビュー、続いてレア・セドゥ出演の短編『女優と仕立屋』(10・未)、短編『La règle de trois』(11・原題)を発表し、『Les deux amis』(15・原題)で初の長編映画を手掛ける。
今やフランス・カルチャーを牽引する存在。実生活でもレティシア・カスタがパートナー。
・Message メッセージ・
ルイ・ガレル画像
ルイ・ガレル画像
初監督作品では、ひとの感情というものをいかに描くかに心をくだきました。その結果、登場人物が熱にうなされるように心情を吐露する映画になりました。本作では、その正反対を狙いましたので、登場人物の心持ちは読みとれません。誰も本当の気持ちを見せないので、一見するとロマンティックな映画には見えないかもしれません。
主人公の2人は、別れてから8年後に再会します。彼らにわだかまりはなく、また一緒にいられることを喜び、消えかけていた思慕が蘇ります。脚本家のジャン=クロード・カリエールと私のアイデアは、とてもシンプルでした。「ひとの気持ちはあてにならない」というものです。このあてにならなさは、独白による「心の声」で表現されます。「心の声」は映画ならではの表現であり、個人的にも大変気に入っていますので、使うことにしました。ひとがある音楽ジャンルに、なぜか惹かれてしまうように、私は「心の声」という手法に惹かれてしまうのです。
テーマはとてもありふれています。この映画の面白さは、登場人物の気持ちがわからない観客が、映画のあらゆる要素を登場人物の心持ちに引き寄せて好き勝手に解釈できるところにあります。
主人公には、何度も生まれ変わる「いたいけなひと」をイメージしました。ふりかかる災難をすべて楽しんでしまう人物です。サイレント映画時代の名優たちの、例えばバスター・キートンが演じるような、頭に鉢植えが落ちてきても「どういうことだ?」といぶかるのではなく、「けがしなくてよかった」と考えてしまうようなキャラクターです。
文学には短編小説と長編小説があります。私は本作を短編小説のように組み立てたいと考えました。気楽に読めて、サプライズがあり、みずみずしい短編小説であり、重苦しい心理ドラマのアンチテーゼでもあります。要するにこれは、今の時代の喜劇のありかたなのです。
コメント
Comment
コメント
パリの香りがプンプンのこの映画!登場人物もみんな個性的で魅力的。まるで自分自身もパリにタイムトリップしたかのような気持ちになった映画!!武田久美子(女優)
いつだって、女はミステリアス。愛する男は弱いもの。お洒落で、ロマンティックで、それでいて次の瞬間何が起こるか分からなくて、スリリング。最旬の三人が織りなす、こころが揺れ動く極上のドラマ。村上香住子(翻訳家、エッセイスト)
エヴはもちろん可愛いけれど、マリヌンヌが女として一枚上手でファムファタール的に描かれているのが、さすが成熟した女性を敬うフランス。職業柄、それぞれに似合う下着を想像したり。マリアンヌはシンプルだけど贅沢な総レースのランジェリーがイメージ。年齢を重ねるごとに下着もランクアップさせ、魅力を増すのがフランス女ですから。川原好恵(ランジェリーライター)
「殺人シーンをラブシーンのように、ラブシーンを殺人シーンのように撮る」。トリュフォーが敬愛するヒッチコックについて評し、彼自身も何本かの作品で実践した映画術。その二人の後継者と言ってもいい、たしかな手つきで、ルイ・ ガレルは、目の前にいるにもかかわらず、何を考えているのか分からない他者を愛することの甘美さと恐怖を同時に描き、私たちをうっとりさせると思ったら、次の瞬間背筋が凍るほどぞっとさせる。そうまるで恋をしている時のように……。これからが真底楽しみな監督である。坂本安美(アンスティチュ・フランセ日本 映画プログラム主任/映画批評家)
誠実に生きていても、思い通りにならないのが人生。その皮肉をユーモアと涙で包み、周囲に翻弄される優しいダメ男を自ら演じるルイ・ガレル監督は、リアルな恋愛の機微を軽妙に描くトリュフォーやロメールらの見事な後継者だ。大人から子供まで全ての人物が愛おしく、意外な展開に驚きつつ全員に感情移入してしまう至福の逸品!矢田部吉彦(東京国際映画祭プログラミング・ディレクター)
『パリの恋人たち』は、フランソワ・トリュフォーを思わせる三角関係、モノローグなどによる、ルイ・ガレルが憧れて来た、まさに「ヌーヴェル・ヴァーグ」テイストの映画だが、脚本にルイス・ブニュエルの仕事などで名高いジャン=クロード・カリエールが入ることで、より捻りの効いた、ミステリアスで現代的なロマンティック・コメディにもなっているところが実に魅力的だ。小柳帝(ライター/編集者)
これぞ最新の恋だ。冒頭から引き込まれるスリリング極まりない展開に、マジでハラハラさせられるが、とても可愛い後味!全ての若い男女に見せたいけど、女が恋上手になり過ぎるかもしれないから男は要注意!そして舞台は、もう本当にたった今のパリの生活、それが味わえる! サエキけんぞう(作詞家、アーティスト)
劇場情報
Theater
劇場情報
※コロナウイルスの感染拡大防止に伴い発出された緊急事態宣言により、当面休館が続く劇場が多くございます。恐れ入りますが休館・営業の詳細は、各劇場へお問い合わせ下さいますようお願いいたします。 北海道
エリア 劇場名 TEL 公開日
札幌 ユナイテッド・シネマ札幌 0570-783-011 上映終了
東北
エリア 劇場名 TEL 公開日
青森 フォーラム八戸 0178-38-0035 上映終了
岩手 フォーラム盛岡 019-622-4770 上映終了
山形 フォーラム山形 023-632-3220 上映終了
宮城 チネ・ラヴィータ 022-299-5555 上映終了
福島 フォーラム福島 024-533-1515 上映終了
関東
エリア 劇場名 TEL 公開日
東京 Bunkamura ル・シネマ 03-3477-9264 上映終了
下高井戸シネマ 03-3328-1008 上映終了
飯田橋ギンレイホール 03-3269-3852 上映終了
千葉 ユナイテッド・シネマ テラスモール松戸 0570-783-583 近日
神奈川 シネマ ジャック&ベティ 045-243-9800 上映終了
川崎市アートセンター 044-955-0107 上映終了
埼玉 ユナイテッド・シネマ浦和 0570-783-856 上映終了
シネプレックス幸手 0570-783-733 近日
茨城 シネプレックスつくば 0570-783-122 上映終了
群馬 前橋シネマハウス 027-212-9127 上映終了
栃木 シネマロブレ 0285-21-3222 上映終了
ヒカリ座 028-633-4445 上映終了
甲信越
エリア 劇場名 TEL 公開日
長野 アイシティシネマ 0263-97-3892 上映終了
上田映劇 0268-22-0269 上映終了
長野千石劇場 026-226-7665 上映終了
中部
エリア 劇場名 TEL 公開日
愛知 伏見ミリオン座 052-212-2437 上映終了
ユナイテッド・シネマ豊橋18 0570-783-668 近日
静岡 シネシティ ザート 054-253-1500 上映終了
シネプラザ サントムーン 055-983-1800 上映終了
富山 J-MAXシアターとやま 076-461-4461 上映終了
関西
エリア 劇場名 TEL 公開日
大阪 シネ・リーブル梅田 06-6440-5930 上映終了
京都 京都シネマ 075-353-4723 上映終了
Cine Grulla 0773-60-5566 上映終了
兵庫 シネ・リーブル神戸 078-334-2126 上映終了
九州
エリア 劇場名 TEL 公開日
福岡 KBCシネマ 092-751-4268 8/18(火)
※1日限定
鹿児島 天文館シネマパラダイス 099-216-8833 上映終了
熊本 Denkikan 096-352-2121 上映終了
『パリの恋人たち』場面写真